木村尚人Vesion1.0

更新日:2020年5月13日


小学校5年生の時にVesion1.0にバージョンアップしました。それはある人との出会いによるものでした。バージョンアップの結果、次のような自分を発見し意識し、そして変化しました。

  • 人とは違った圧倒的な何かを示したい気持ちが芽生える

  • 人とは違った存在であることに誇りを持つ気持ちが芽生える

  • 人に教える才能があることに気づく

  • 本、特に小説を読むことが好きであり、それ以後読書にいそしむ


生まれてからVersion1.0になるまでの経緯を書きます。Version1.0にversion upしたのは忘れもしない小学校5年生の2学期のことでした。


ひねくれていた幼少期から小学校時代


東北の雪国で生まれました。幼いころの写真を見ると両親にとても愛されていたことが分かります。記憶の中の両親もいつも笑顔でやさしかったものばかりです。そんな私でしたが、恐ろしくひねくれた子供でした。とにかく負けず嫌いで良く人の上げ足をとり、友人から煙たがられる存在だっとと思います。父親の仕事の関係で小学校3年の終わり、4年の終わり、5年の終わりと転校しましたが、仲の悪くなった同級生と離れられホッとした記憶があります。


特にひどかった小学校4年生の時


中でもひどかったのは小学校4年生の時で、通信簿の先生からのコメントに「性格が曲がっていて治しようがない。将来がとても不安です。」と書かれるほどでした。その他、小学校時代は両親が学校に呼び出さ、注意されることが何度もありました。そんなときでも両親は私のことを軽く叱るのみで基本的には自由にさせてくれていました。本当に寛大だった両親には感謝しています


初めての高揚感


そんな私が変わるきっかけとなったが小学校5年生のある出来事でした。まず最初の出来事は運動会で行われた800m走でした。学年でクラスが一つしかない小学校だったので男女別れて全員参加のこの競技でぶっちぎりで一位をとりました。しかもほとんど最下位に近い位置からの頃100mでぶっちぎったのです。足は速い方でしたが、これには自分でもびっくりしました。どこにそんな力が残っていたのか、とにかくゴールした自分が信じされませんでした。父親がとても喜んでくれて、それが本当に嬉しかったのを覚えています。今でもこの高揚感は覚えています。競ってぎりぎりで勝つよりも、何か斬新な事で圧倒的に勝ちたい、という気持ちがどこかにあるのは、このときの経験から来ているのかもしれません。


運命を変えた最初の出会い


更に私が劇的に変わったのが、小学校5年生の2学期のことでした。担任の先生が産休で休むことになり、代わりに教頭先生が我々のクラスの担当になりました。教頭先生は授業の後に10分だけ時間を取り本を読んでくれました。その時読んでくれたのが芥川龍之介の「魔術」という短編小説です。

衝撃を受けました。おどろおどろしい中で進む話、あたかも自分が主人公になったかのような気持ちになるほどの描写の素晴らしさ、そして最後の圧巻の大どんでん返し。すべてに魅了されました。一日10分ほどおそらく見開き2ページぐらいずつしか進んでいなかったと思いますが、次の展開が楽しみで仕方ありませんでした。

その2学期で私の通信簿の成績はオール5でした。父親からオール5を取ったらなんでも好きなものを買ってやる、と言われていたので迷わず芥川龍之介の全集を買ってもらいました。以後、暇を見つけてはその全集を読んでいました。またそれだけは飽き足らず父親が好きだった吉川英治の歴史小説も読み始めました。「水滸伝」と「三国志」でした。小学生にして吉川英治を読んでいたとは、自分で思い出してもおかしいのですが、それも当時の教頭先生との出会いがあったからこそだと思います。


初めて人に教えることを経験


またその教頭先生は私に別の大きな経験をさせてくれます。算数が得意で授業内容がつまらなく感じていた私にある使命を与えてくれました。クラスにいた算数に全くついていけない同級生への教師役を命じたのです。「お前は授業しなくていいから、○○君のとなりで算数を教えなさい」というものです。

これにはさすがにびっくりしましたが、それでも自分は特別な存在なんだ、という思いで真剣に人に教えることを考えました。その○○君はかなり勉強が遅れ気味で、ちょっと変なにおいがする子だったので、クラスでもほとんどの同級生は関りたくない存在だったと記憶しています。ですが、毎日隣に座って話をしてみると、とても素直で純粋な男の子でした。算数はなかなか理解してくれずかなり苦労しましたが、私の話を真剣に聞いてくれ、ちょっとでも理解できると、目をキラキラを輝かせてくれたのを覚えています。過去を振り返っても顔を思い出せる同級生は多くないのですが、その子の顔と澄んだ目は今でも覚えています。


不良の道を進むかもしれなかった人生を大きく変えてくれた先生


告白するとその2学期前までの自分は最悪でした。同級生とつるんで近くの駄菓子屋さんで万引きをしていました。また硬貨集めが趣味だった父親の硬貨もくすねたりしていました。ほんのゲーム感覚だったのですが、こういうことが習慣化されていたら自分に進む道は間違った方向に行っていたことでしょう。そういう意味でもこの一年間、とくに教頭先生との出会いは本当に大きかったと思います。

人との出会い、それがバージョンアップのきっかけになるということを自らの体験からも強く感じています。


85回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示